コラム

COLUMN

家族の思い出 時を超えて みんなのお宝写真館(17)

(左)1989年の家族旅行。右端が村野さん。子どもたちは9歳、6歳、3歳だった。
(右)2014年に同じ場所で並んだ一家。25年前とできるだけ似た服装で撮影した。

成長した子どもたちとの「タイムスリップ写真」

東京都日野市の村野弘幸さん(66)からは「テレビ用DVDを見ていると、若いころから現在までの人生を思い出して感激しました。自分の人生はまんざらでもないなと思い、これからまだまだ面白いことができそうな予感すら感じました」との声が届いた。

小学4年生のころ、写真愛好家の父からカメラをプレゼントされた。以来、学校行事で写真班として仲間や先生を撮り、青春時代はカメラとともに過ごした。結婚後も日記がわりに撮影を続けてきた。

しかし、アルバムや写真が収納スペースを圧迫し、デジタル化による断捨離を決意。段ボール2箱分を2度に分けて注文した。これで家族との共有も簡単になる。

今後も楽しみなのは、成長した子どもたちと、かつて旅行した場所で撮る「タイムスリップ写真」だ。2014年夏、山梨県の清里高原で25年前と同じ構図で撮影し、家族5人で盛り上がった。村野さんは「その後、子どもたちも家族が増えた。これからは孫も加わった写真が撮れたら楽しいだろう」と話している。

(この写真をもとにした記事が、2019年4月23日付朝日新聞朝刊に掲載されました)

WEBお申し込みで基本料金無料

最短5分!かんたん4ステップ

Webからお申し込み

資料請求・お問い合わせも
受け付けております。

お電話からお申し込み

東京

03-6868-8255

大阪

06-7878-6588
平日 10:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

PAGE TOP