コラム

COLUMN

祖父母の写真が朝日新聞に載るかも? 稀少価値ある写真をアピールしよう!

新聞に載せてほしい写真がありました

ニッポン写真遺産「写真整理お手伝いプラン」で、お客様のお手伝いを担当している写真整理アドバイザー河内美穂です。
先日、我が家の写真をニッポン写真遺産でデジタル化した体験を、3回シリーズでご紹介しましたが、実は、デジタル化する写真の中に、「新聞に載せてほしい!」と思った写真がありました

母の古いアルバムの中にあった、母が幼少期を過ごした戦前の満州での写真です。
「終戦後、身ひとつで引き揚げた」と聞いていたので、写真が残っていること自体が不思議でしたが、1940(昭和15)年ごろに祖父が故郷へ送った近況報告の手紙に同封されていた写真だったようです。これを曾祖父母が大切に保管していたものと知り、納得しました。

写っているのはのどかな庶民の日常です。終戦から引き揚げるまでの悲惨な体験を母から聞いていたので、戦前の満州のごくありふれた一日の風景は、とても輝いて見えました。

このような写真はもしかしたら数が少なく、同じ時代を満州で過ごされた方の目に留まれば、きっと懐かしく感じてくださるのではないかと考え、朝日新聞社に知らせようと思い立ちました

「昔の貴重な写真、思い出の写真エピソード、大募集!」

「朝日新聞社に知らせよう」と思ったのは、ニッポン写真遺産の申込書類の中に、このようなチラシが入っていたからです。

チラシには、こう書かれていました。

お客様がお送りいただく写真原板の中に、下記のような写真はありませんか?
★明治・大正期の写真
★戦争で焼ける前の街並みが写っている写真
★廃止された路面電車やSLが写っている写真
★昔の祭礼や風習などが分かる写真
★地震や津波で大きな被害を受けた街の、昔の姿が分かる写真

もしかしたら、母の写真はこれに該当するのでは?
朝日新聞から取材が来たらどうしよう?
ちょっとドキドキしながら、母の写真についてアピールをすることにしました。

該当する写真にフセンを貼る

チラシの裏面に、知らせる方法が掲載されていますので、この手順の通り進めます。

まず、アルバムの中で、新聞で取り上げてもらいたいと思った写真のページに、発送キットに同梱されているフセンを貼ります

今回アピールしたい写真は2枚ありましたので、フセンに「1」と番号をつけました。
もう1枚は、アルバムに挟まっていたバラ写真なので、こちらは写真の裏面にフセンを貼り「2」と番号をふりました。

エピソードを用紙に記入する

発送キットに入っているエピソード記入用紙に、所定の事項を記入します
エピソード記入用紙は、A4サイズの紙に三つ繋がって印刷されていますので、切り離して使います。

フセンの番号それぞれに1枚ずつ、写真の撮影年代や場所、撮影者、エピソードを記入します(もちろん、分かる範囲で大丈夫とのことです)。
エピソードの記入欄が足りない場合は、便せんやレポート用紙など、どんな用紙を使ってもいいそうなので、どんどん書き足しましょう。
なお、アルバムの場合は、フセンを貼った該当ページのどの写真が対象なのか分かるように、「上から○枚目、左から○枚目」と、特定しやすいように用紙の所定欄に記入しておきます。

梱包と発送

エピソードの記入が終わったら梱包です。これもチラシ裏面の要領通りの手順です。

用紙はアルバムやバラ写真と一緒にビニール袋へ

アルバムは1冊ずつ発送キットのチャック式ビニール袋に入れてからエアーキャップで梱包していきますが、この時にエピソード用紙も同封します

バラ写真は、用紙と一緒にビニール袋や封筒に入れます。
複数のバラ写真があるときは、フセンが外れて分からなくならないように、その写真だけ別の袋に入れておくといいようです。

他の写真原板と一緒に段ボールに入れて発送

あとの手順は通常の梱包・発送と同じです。
エアーキャップで包み、他のアルバムや写真と一緒に段ボールに入れて発送します。

あとは待つだけ

こうして送ってしまえば、あとは朝日新聞社の担当者からの連絡があるかどうか待つだけです。
ちなみに、アピールした写真は、朝日新聞の紙面に限らず、当サイト内にある「みんなのお宝写真館」のコーナーや、朝日新聞のグループ各社が運営するwebサイトや出版物など、さまざまなメディアに掲載される可能性があるとのこと。
こうして各種メディアで取り上げられることになる場合は、必ず事前に朝日新聞社の担当者から連絡があり、取材を受けることになります
もちろん、アピールした写真のすべてに対して、朝日新聞社から取材の連絡がくるものではないそうです。
競争率は高そうですが、祖父母や母の写真が朝日新聞の紙面を飾る日を夢見て、私もドキドキと連絡を待ちたいと思います!

WEBお申し込みで基本料金無料

最短5分!かんたん4ステップ

Webからお申し込み

資料請求・お問い合わせも
受け付けております。

お電話からお申し込み

東京

03-6868-8255

大阪

06-7878-6588
平日 10:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

カンタン! 料金シミュレーション