コラム

COLUMN

「写真エピソード」をお知らせいただく方法について

「亡くなった祖父のアルバム、とても珍しそうな写真が含まれてるんだけど…」

「この明治時代の写真、もしかしたら朝日新聞に載せる価値があるかも。ぜひ取材して!」

当サービスの理念にご賛同をいただき、多くのお客様から、昔の貴重な写真のデジタル化のご依頼が寄せられています。
ここで改めて、「これは歴史的に貴重かも」という「お宝写真」について、デジタル化の発注の際にお知らせいただく方法をご説明いたします。

フセンをアルバムの該当ページ、またはバラ写真の裏に貼って下さい。

「お宝写真」が貼られているアルバムのページに、外から見ても分かるようにフセンを貼って下さい。
(フセンはどんなものでも結構です)
バラ写真の場合は、写真原板を傷めないよう、写真の裏側にフセンを貼って下さい。
複数ある場合は、フセンに通し番号を振っておいて下さい。

便せんやメモ用紙に、下記事項をご記入ください。

撮影した年代(詳しい日付まで分かればそのデータも)
撮影場所(例:東京・銀座4丁目あたり)
撮影者(例:私の父)
エピソードなど(例:今はもう廃止されている都電が写っています)
※アルバムの場合、付箋を貼ったページのうち、どこにある写真かも指示していただけると助かります。
(例:上から2段目、右から2枚目の写真)

アルバム・写真を梱包する際、同じビニル袋の中に②のメモを入れて下さい。

ご面倒をおかけしますが、上記のご協力のほど、よろしくお願いいたします。
※朝日新聞紙面や朝日新聞デジタルなどの媒体で写真を掲載させていただく際には、原則として、
①撮影者(著作権者)
②被写体となっている人物(肖像権者)
の承諾が必要となります。
お知らせいただく際は、これらの承諾の有無についてもお示し下さい。

※お知らせいただいた写真の紙面等への掲載に関する判断は、朝日新聞社が行います。
お知らせいただいた写真が必ずしも紙面等に掲載されるわけではありませんので、あらかじめご了承下さい。

WEBお申し込みで基本料金無料

最短5分!かんたん4ステップ

Webからお申し込み

資料請求・お問い合わせも
受け付けております。

お電話からお申し込み

03-6868-8255 平日 10:00~17:00

PAGE TOP