コラム

COLUMN

データDVDが届いた!でもどうやってパソコンに入れるの?

「やさしいパソコン教室」シリーズ、いよいよスタート!

思い切って写真をデジタル化してはみたものの、「パソコンはどうも苦手で…」という方々にお届けするコラム、「やさしいパソコン教室」シリーズが始まりました!

第一弾は、「納品されたDVDはどうやってパソコンに入れればいいの?」という疑問にお答えする内容です。
実は、お客様からときどきお寄せいただくんです。「DVDをケースから外す方法が分からない…」というご質問を。
そこで、このコラムでは、ケースからの取り出し方と、パソコンへの入れ方について詳しくご紹介します!

DVDは「標準コース」だと2種類

思い切ってデジタル化を依頼して良かった!
この先、どう保管しよう…と気がかりだった、収納棚いっぱいのアルバムが、「ニッポン写真遺産」でデータ化されて、コンパクトなDVDになって戻ってきました。
「標準コース」だと、パソコンなどで画像を閲覧できる「データDVD」と、テレビで写真のスライドショーが楽しめる「テレビ用DVD」が届きます。
テレビ用DVDは、「標準コース」では無料でお付けしていますが、「お急ぎコース」では有料のオプションとなります。
8ミリやVHSの動画もデジタル化された方は、これに加えて「ビデオ・8ミリDVD」が同梱されています。

データDVDはこのような形でお届けします。

DVDをケースから取り出す時に、割れそうでドキドキ

DVDをケースから取り出す際なかなか取り出せず、DVDが割れるかもと思ってドキドキした、という経験がある方もいらっしゃるでしょう。
DVDの取り出し方にはちょっとしたコツがあるんです。
強い力を加えなくてもスッと取り出せますので、試してみてくださいね。

一般的に、DVDケースには、中央部分にボタン状の突起があります。

実はよく見ると、とても小さい字で「PUSH」と書いてあるんです。
DVDケースを片手で固定しながら、もう一方の手の指でこのボタンをキュっと押し込むと、DVDをケースから簡単に取り出すことができます。

この時注意したいのは、DVD本体を無理に引っ張ったり触ったりしないこと。ボタンを押して、DVDがケースから浮いたら、そっとスライドさせて取り出してください。

ケースからDVDがはずせたら、パソコンに入れて写真を見てみましょう。

データDVDをパソコンに入れる方法

ここでは、Windows10のパソコンを使って、データDVDを見る方法を説明します。
写真はノートパソコンですが、デスクトップでも同じように進められます。

① DVDトレイは、ほとんどがパソコンの横部分にあります。小さなボタンがあるので、そこを押すとトレイが出てきます。

② トレイの上にDVDを乗せたら、そっと指で押して元の状態に格納します。

※参考 AppleのMacを使っていらっしゃる方や、windows機でも小型のノートパソコンを使われている方は、DVDのトレイがついていない場合があります。そんなときは、外付け(ケーブルでつなぐ)で「DVDドライブ」をつなぎます。

コラム「ニッポン写真遺産でアルバム・ビデオをデジタル化してみた(3) ~納品と原本返却~」も参考にしてください。

いかがでしたか。
まずは、DVDをケースから取り出して、パソコンに入れるまではできましたね!
次のコラムでは、DVDの中の画像データを開けて見てみるところを解説します。お楽しみに!

第二弾はこちら ⇒とっても気になる!データDVDの中身をパソコンで見るには? 

WEBお申し込みで基本料金無料

最短5分!かんたん4ステップ

Webからお申し込み

資料請求・お問い合わせも
受け付けております。

お電話からお申し込み

東京

03-6868-8255

大阪

06-7878-6588
平日 10:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

カンタン! 料金シミュレーション