コラム

COLUMN

2019/11/08

画像保存にうってつけ!「おもいでばこ」ってどんなもの? (下) いろんな機能を使ってみよう

便利な機能がいっぱい

ニッポン写真遺産の「写真整理お手伝いプラン」で、お客様のお手伝いを担当している写真整理アドバイザー・西村友美です。
ご家庭の写真をデジタル化した後は、ぜひ画像を家族みんなで見返して楽しみましょう。
その「見返す楽しみ」と「バックアップ保存」とを両立できる、「おもいでばこ」という便利な機器について紹介する3回目のコラム。
今回は、おもいでばこの中身を見やすく整える方法をご説明します。

アルバムの作り方

取り込まれた写真は、ジャンルごと、旅先ごとなどに「アルバム」という入れ物を作って、分類・管理することができます。
まず、カレンダーの画面から、分類したい写真を表示します。
リモコンのメニューボタンを押し、「アルバムに入れる」を選択します。

リモコンのメニューボタンから編集画面を表示し、写真にチェックを入れます。
写真を選んだ後は、決定ボタンを押してアルバムの名前を決めます。

ホーム画面に戻り「アルバム」の中を見ると、新しいアルバムが作成されていました。
これでテーマ別に写真を見ることができます。

撮影日の変更の仕方

デジタルカメラで撮った写真には、撮影した時に、撮影日時、撮影機器、絞りやシャッタースピードなどの情報が自動的に付与されます。
おもいでばこに入ったデジタル写真は、この撮影日時の情報をもとに、カレンダーに自動配列されます。

ただ、もともと紙焼き写真だったものをスキャンしてデジタル化した場合、本来の撮影日時の情報ではなく、スキャンされた日時の情報が付きます。
ニッポン写真遺産では、写真表面に印字された日付データがある場合、この日付データを画像データに登録するサービスも実施していますが、皆さんのご家庭にある昔の写真のすべてに日付の印字があるわけではないでしょう。
そういった写真をおもいでばこの中で日付順に並べ替えるには、画像に埋め込まれた日付情報を、スキャンした日時ではなく、実際の撮影日時に変更する必要があります。
おもいでばこなら、その作業も簡単にできるので、ご紹介します。
日時を修正したい写真を表示したら、 メニューボタンから「撮影日変更」を選択してください。

直したい日付に変更すると、カレンダーのその日付のところに写真が入ります。

これで違和感なく、写真を時系列で見返すことができますね。

しぼりこみ機能

この整理されたカレンダーの写真ですが、例えば、動画だけ見たかったり、自分のスマホの写真だけ見たかったりすることがありませんか?
そんな時に、とても便利な機能があるのです。
「しぼりこみ」の機能を使うことで、お気に入り/アルバム/カメラ名/動画のみ/写真のみ/位置情報つき/最近とりこんだものなど、目的の写真や動画だけを見ることができるようになります。

カレンダーの画面を表示します。
リモコンの「メニュー」ボタンから「しぼりこみ」を表示し、見たい内容を選択します。

我が家は動画が大好きで、このしぼりこみ機能を使って、動画をよく見返します。
夕食後の団らんの時間に、家族で旅行に行った時の動画をみんなで鑑賞しながら、思い出を再度楽しみます。
使い始めると、とても便利な機能ですよ。

以上、「おもいでばこ」について、3回シリーズでお伝えしました。
写真は、振り返ってこそ!
アルバムに貼ってある古い写真も、捨てたりせず、データ化してご家族の皆さんで振り返れば、楽しい時を過ごすことができるものです。
写真を気軽に取り込めて、簡単に分類・整理することができるなら…。
テレビで簡単に、みんなで見返すことができるなら…。
ご家族にとって、かけがえのない時間を過ごすことができますね。
ぜひ、「おもいでばこ」で、写真のある生活を楽しみましょう!

WEBお申し込みで基本料金無料

最短5分!かんたん4ステップ

Webからお申し込み

資料請求・お問い合わせも
受け付けております。

お電話からお申し込み

東京

03-6868-8255

大阪

06-7878-6588
平日 10:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

PAGE TOP