コラム

COLUMN

2020/03/30

スマホの写真、元気ですか? 「えっ!LINEの写真がなくなった?」 4コマまんがシリーズ(2)

今回はLINEの写真がテーマ!

一般社団法人写真整理協会理事で、ニッポン写真遺産のオプションサービス「写真整理お手伝いプラン」を担当している、写真整理上級アドバイザーの浅川純子です。

スマホは「小さなパソコン」といってよいほど、高性能な頭脳と機能を持ち合わせています。その分しっかりした知識がないと、思わぬ落とし穴に落ちて泣くに泣けない事態におちいることもあります。
今回、全4回のシリーズコラムで、日常よくあるエピソードをマンガで分かりやすく紹介しながら、写真整理の専門家としてぜひ知っておいて欲しいスマホ写真の注意点と使い方のコツをご紹介します。
第2回は、皆さんがよくお使いのコミュニケーションツール「LINE」の写真がテーマです!

写真には保存期限がある!?

家族や友達と気軽にメッセージをやりとりできるLINEは、多くの人に利用されている人気のアプリです。写真も簡単な操作で人と共有できるので、スマホの写真をLINEアプリで管理している人もいます。とても便利なLINEですが、送った写真には保存期限があるのをご存知でしょうか?

LINEで写真を受け取ると、このトークの中で表示されている写真は、「サムネイル」といってとても小さなサイズのデータです。このままにしておくと、約2週間で、写真が大きく表示できない状態になってしまいます。

実は、この「サムネイル」の写真をタップ(指で画面を触れる操作)すると、写真が画面いっぱいに表示されますが、この操作を一度しておくだけで、写真がサーバーから読み込まれて、保存期限が過ぎてもタップするたびに、大きく表示することができるようになります。

↑サムネイルの状態

↑タップして画面いっぱいに表示された状態

写真を保存しておこう!

送られてきた写真が大切な場合は、「保存」の操作をしておきましょう。トーク上の写真をタップして大きく表示し、画面右下にある下向きの矢印の「保存」のマークをタップすれば、スマホに保存できます。

↑右下の下向き矢印のマーク(赤い丸で囲んだ部分)をタップ

こうしておけば、スマホで撮影した他の写真と同じように、スマホ本体の中に写真データがしっかり残り、スマホの写真アプリで見ることができるようになります。

写真を残すためには、スマホ本体に保存する以外に、LINEの中のアルバム機能に保存する方法もあります(ここでは省略します)。

写真データは圧縮される!

ところで、LINEで写真を共有すると、写真のデータサイズが圧縮されて小さくなってしまいます。そこで、送るときに画面左下に表示される「ORIGINAL」をタップして送るようにすると、元のサイズのデータをそのまま相手に送ることができます。

↑「ORIGINAL」と書かれたボタン(赤い丸で囲んだ部分)をタップ

撮影日情報が消える!

他にもLINEで写真を扱う時の注意点があります。デジタル写真は、撮影日情報を持っているのですが、LINEで共有した写真からは、撮影日や撮影場所の情報が消えてしまいます。

このため、LINEで人から送られた写真をスマホに保存すると、写真アプリなどで閲覧した場合、「保存した日」に写真が表示されてしまいます。普通、写真は撮影した日のところに表示されるのですが、LINEを経由すると撮影日情報がなくなることを、おぼえておきましょう。

便利なLINEアプリですが、写真を扱う時にはその特徴を知った上で、上手に利用しましょう。

「スマホの写真、元気ですか?」と題したシリーズの第2回目、いかがでしたか。
第3回は、「どうしよう、あの写真が見つからない!」をテーマにお届けします。お楽しみに!

WEBお申し込みで基本料金無料

最短5分!かんたん4ステップ

Webからお申し込み

資料請求・お問い合わせも
受け付けております。

お電話からお申し込み

東京

03-6868-8255

大阪

06-7878-6588
平日 10:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

カンタン! 料金シミュレーション