コラム

COLUMN

2018/12/28

あなたにも突然やってくる? 大量のアルバムやプリント写真の整理に直面する4つのシチュエーションとは

ご家庭に、昔ながらのプリント写真が大量に保管されていませんか。いわゆる「フィルム写真」の時代、写真屋さんで現像して、特にアルバムにも貼らずに袋に入れたままになっていたり、簡易的なポケット式アルバムに差し込んだままになっていたり…。

「いつか整理したいけど、こんなにたくさんあったらとても大変」と思われている方も多いでしょう。いざという時に備え、常にアルバムやプリント写真をきちんと整理しておくことは、思い出や記録をしっかりと残すために大切なことです。

今回は、あなたにも突然やってくるかもしれない、急に写真を整理しなければならなくなるシチュエーションと、おすすめの整理方法についてご紹介します。

 

■アルバム、プリント写真の整理に直面する4つのシチュエーション

1.実家の片付け

「80代後半の母親が、いよいよ高齢者施設に入居することになった」

「そろそろ介護が必要になる田舎の両親。遠距離介護は大変だし、仕事も辞めるわけにはいかないから、こちらに呼び寄せようか」

高齢の親を持つ世代なら、誰しもが直面する課題でしょう。両親が施設に入ったり、呼び寄せたりして空き家になってしまった実家をどうするか…。「実家の片付け」は切実な問題です。中でも、「写真・アルバム」は、大きな収納スペースを占めている一方で、思い出の詰まったものでもあり、簡単に捨てるわけにはいきません。

また、高齢者施設に入居する場合、当然、施設内は収納スペースも限られますので、かさばるアルバムを何冊も持っていくことはできません。できれば元気なうちにじっくり写真を整理して、「これは大事な一冊だから、施設にも持っていこう」と言えるよう、準備ができるといいですね。

 

2.両親や祖父母の死去

両親や祖父母が亡くなったあと、残された家族は悲しみにくれるのも束の間、すぐに「相続」や「遺品整理」の問題に直面します。なかでも、遺品整理で対処に困るとされているトップクラスのものが「写真・アルバム」です。

両親や祖父母が亡くなってから、部屋の片付けをしていると、押し入れの奥にある大量のアルバムを発見するというケースも少なくありません。また、故人が賃貸物件に一人暮らしをしていた場合は、退去のために早急に遺品を片付けて、アルバムも整理する必要があるでしょう。

両親や祖父母が生きていた証そのものであるアルバムを、残された遺族が処分するのは、非常に心苦しく、罪悪感があるものです。ただ、アルバムを放置しておくと写真は傷んでしまいますし、引き取ったとしても自宅の限られた保管スペースの多くを占めてしまいます。

そういったことを考えると、ご自身の将来のことも見据えて、やはり元気なうちに「終活」として写真を整理し、子や孫たちに負担をかけないようにしておきたいですね。

 

3.子どもの結婚、巣立ち

最愛の娘、息子がいよいよ結婚して親元を離れていく…。おめでたいことではありますが、親としては淋しさも感じるものです。もちろん、結婚だけでなく、進学や就職などで巣立っていく子どもたちを、励まして送り出すのも親の役目です。

そんなとき、まだ小さい赤ちゃんだった頃のアルバムなど、きちんと持たせてあげられるといいですよね。特に、お子さんが結婚される場合は、昔の写真を渡してあげることが必須になります。なぜなら、披露宴や二次会などのパーティーで、新郎新婦の生い立ちを紹介する動画を流すことが、余興の定番になっているからです。

娘さん、息子さんのベストショットを、赤ちゃん期、幼児期、小学生、中学生、高校生の時期など、まんべんなく取りそろえる必要があります。親の日頃の写真整理の姿勢が問われてきますよね。

 

4.引っ越し

社会人が引っ越しをするとき、扱いに困るものの一つとして「写真・アルバム」が挙がります。とても重たくて、収納スペースも占拠してしまう一方で、「感情的に捨てられない」「どのアルバムを残すべきかわからない」といった声が多く聞かれます。

引っ越し前のバタバタの期間では結局整理できず、新居でも段ボール箱から出さないまま押し入れの奥に追いやり、気が付いたら3年後の新たな引っ越しの時に「あっ、ここにあったんだ」と気づく…なんていうケースもあります。いざというときの引っ越し荷物を減らすためにも、日ごろからアルバムや写真の整理は行っておきたいものです。

 

■「プリント写真の整理にはデジタル化」がおすすめ

突然に写真を整理しないといけない状況に追い込まれると、よく考えずにあせって大量のアルバムやプリント写真、ネガフィルムを処分してしまうこともあります。「あのアルバム、やっぱり捨てるんじゃなかった」と後悔することのないよう、日頃から写真の整理は進めておきたいですね。

その写真の整理の際におすすめしたいのが、昔のアルバムやプリント写真、フィルムなどの「デジタル化」です。デジタル化には、単に「データになれば省スペースで保管できる」という以外にも、さまざまなメリットがあります。詳しくは、こちらのコラムでご紹介します。

 

WEBお申し込みで基本料金無料

最短5分!かんたん4ステップ

Webからお申し込み

資料請求・お問い合わせも
受け付けております。

お電話からお申し込み

東京

03-6868-8255

大阪

06-7878-6588
平日 10:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

PAGE TOP