法人様向けサービス 貴重な記録がいつ見られなくなるかわかりません。 今すぐ写真・フィルム・ビデオテープのデジタル化 おかげさまで2018年春のサービス開始以降受注250万枚突破!! マイクロフィルム・ガラス乾板などの特殊原板のスキャンや画像データの修復もお任せください!

Webからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

平日 10:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

こんなときは
まずご相談ください

過去の記録写真が大量にあり、保管場所に困っている。 スキャンするための手間が面倒... 資料の退色がひどく、内容が不鮮明になってきた。 デジタル化したいけれど予算が足りない… 放置しているとこんなことも… 写真が色あせやカビにより劣化 フィルムが酢酸化してしまい閲覧不可

ニッポン写真遺産におまかせください!

当社が選ばれる理由

安心の品質 朝日新聞の報道写真同じ機材
デジタル化

創刊140周年を迎えた朝日新聞では、社内にある過去の報道写真のデジタル化を進めています。皆様からお預かりした写真原板も、同じ機材でスキャンします。

1. 安心の品質

使用機材例

  • ・富士フィルム製 フロンティア SP3000 対応フィルム:カラーネガ、カラーポジ、白黒ネガ 解像度:約1,200dpi~約3,000dpi
  • ・NORITSU製 S-1800 対応フィルム:カラーネガ、カラーポジ、白黒ネガ 解像度:約1,200dpi~約3,000dpi

価格とセキュリティ オフショアでのリーズナブルな作業から、
国内でのお急ぎ対応まで

スキャンセンターは、国内(大阪府)と海外(ベトナム)の2箇所。
ホーチミン市のタントアン輸出加工区にあるベトナムスキャンセンターは最新鋭のビルで厳重なセキュリティを完備。
写真原板の輸出入には空調管理されたリーファーコンテナを使用しますので、安心してご利用いただけます。

2. 価格とセキュリティ

補修作業 画像データの修復もおまかせ下さい!

スキャンだけでなく、傷んだ写真の画像データ上での修復作業も承ります。戦前の写真などを発掘して新聞紙面に数多く掲載してきた朝日新聞社のノウハウを、お客様の写真の修復にも活かします。

3. 修復前→修復後

多様な原板に対応 写真・フィルム・ビデオテープ以外も
デジタル化

マイクロフィルム・ガラス乾板・ポスター・文書・製本図面など、個別にご対応しております。お気軽にご相談ください。

4. 多様な原板に対応

ニーズにお応え まずはご相談ください!

WEBサイトに記載していないものでもご依頼をお受けしている場合がございます。ご希望の発送方法や請求方法、納品方法など、お問い合わせフォームまたはお電話からご連絡ください。

5. ニーズにお応え

事例紹介

  • 自動車部品製造大手

    ポケット式アルバム:11冊
    ネガフィルム:55本など

    費用:約30万円
    納期:約3週間
    納品方法:DVD

    担当者コメント

    周年事業に備えて、社内の各部でバラバラに保存されていた記録写真を集約してデジタル化しました。

  • 公益財団法人

    マイクロフィルム:約7,300コマ

    費用:約25万円
    納期:約6週間
    納品方法:DVD

    担当者コメント

    掃除の際に古い段ボールから昔の貴重な会報誌のマイクロフィルムを発見し、劣化も進んでいたことから、急ぎデジタル化を依頼しました。

  • 地方自治体

    ネガフィルム:約16,600コマ

    費用:約60万円
    納期:約4カ月
    納品方法:HDD

    担当者コメント

    貴重な記録写真の劣化が激しかったため、クラウドファンディングを使って支援を集め、無事にデジタル化できました。

こういったお客様からの
ご依頼もお受けしております。

  • 美術館・博物館
  • 大学・研究機関
  • 新聞社・出版社

朝日新聞だからこその
メリット

  • メディア展開

    御社の周年事業を
    盛り上げます!

    デジタル化した創業期の写真をもとに「周年記念広告」を制作して、新聞紙面に掲載したり、デジタル版でweb展開したり。朝日新聞なら、御社の周年事業を大きくPRできます。

    また、「朝日自分史」では社史編纂のお手伝いも可能です。

    朝日自分史

  • 写真販売

    眠っていたネガが
    収入を生む資産に!

    朝日新聞社が所蔵する写真を公開・販売している「朝日新聞フォトアーカイブ」で、御社の写真を外販できる可能性も。ただ倉庫で眠っていただけの古いネガが、収入を生む資産になるかもしれません。

    ※すべての写真を朝日新聞フォトアーカイブで販売できるわけではありませんので、まずはご相談下さい。

    朝日新聞フォトアーカイブ

  • 資金調達

    クラウドファンディングで
    幅広い支援を!

    「歴史的、学術的に貴重な写真をデジタル保存したいけれど、どうしても予算が…」という場合、朝日新聞社が運営するクラウドファンディング「A-port」の活用をご検討下さい。実際に傷んだフィルムをデジタル化するプロジェクトで資金を集めた成功例も。A-portなら手数料も特別割引額をご提示できます。

    A-port

お申し込み・
お問い合わせの流れ

  • お問い合わせ

    お問い合わせ

    コールセンターまたはWebサイトのお問い合わせ画面よりお問い合わせください。
    折り返し担当者よりご連絡差し上げます。
    ご依頼内容によっては、担当者が訪問してご相談させていただきます。
    特殊なご要望や概算見積りのご依頼もお気軽にお伝えください。

  • お申し込み

    お申し込み

    お申し込み書類にご記入いただきます。
    ご依頼いただく原板とお申し込み書類を当社スキャンセンターへご発送ください。

  • お見積り

    お見積り

    原板到着後、お見積りを行い、金額をご案内させていただきます。
    お見積り内容にご承諾いただいた後、デジタル化作業を実施します。

  • デジタル化作業

    デジタル化作業

    ご指定の媒体にスキャンデータを収録し、ご納品いたします。

Webからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

平日 10:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)